中華料理の魅力とは?

世界三大料理は、フランス・トルコ・中華料理で、その中でも中華料理は、もっとも先に生まれたものといわれています。
それは広大で多文化な土地から生まれた数多くの料理が生まれる環境にあったもので、それだけ魅力豊かなものだからというわけです。
それではその魅力はいったいなんでしょうか?
様々な料理がありますが、やはり温かい料理が多い点が一つで、地方の様々なうまいものを、高温の油でさっと炒めますから、うまみが逃げずに凝縮されているという点でしょう。
だからと言って、決しておおざっぱではなく、こってりした味わいだけでなく、しっかりとした淡いながらもおいしく、見た目も豪華面があるという事です。
しかもこってりしたものが多いといいましたが、おなかにもたれないように、タピオカのデザートがあったり、油と中和させるお茶があって、結果的にバランスが取れているのも大きなポイントでしょう。
このように中華料理は、豪華さと繊細さを兼ね備えているという事です。

Favorite